安全かどうかも重要なことですが、痛みに弱い人は、その点も気になります。

医療脱毛は安全ではありますが痛みは強いと言われていますので、痛みについて見ていきましょう。

痛みに弱い人の脱毛

痛みというのは人それぞれ感じ方ですので、痛みに強い人もいれば痛みに弱い人もいます。痛みに弱い人にとってちょっとした痛みも我慢できないほどの苦痛に感じることがあるかもしれません。しかしそのような場合に安全だからといって我慢をして医療脱毛を受ける必要があるでしょうか。

安全性は高いが痛みも強い医療脱毛

安全性はとても高いのですが、医療脱毛は痛みも強いことが特徴です。レーザーを使った施術となりますが、人によって感じ方は違うものの、受けたことがある人が口を揃えて言うことが、ゴムを弾かれているような痛みなのだそうです。皮膚の強い部分にゴムを弾くのでしたらまだいいかもしれませんが、ワキやデリケートゾーン、皮膚の内側など皮膚がとても薄くて弱い部分にゴムを弾くということは想像しただけでも痛そうですよね。

脱毛エステは緩やか効果

脱毛エステは医療脱毛に比べると、威力もそれほど強くありませんので、緩やかな効果を実感することができます。そのために危険性も高くはないのです。危険性が高くはないということは相対的に安全性が高いということになります。そして威力が弱いので痛みもそれほど強くは感じません。これから受けようと思っている人は、痛みに弱いと自分は思うのであれば脱毛エステを選んだほうがいいのかもしれません。

脱毛エステと医療脱毛では痛みの度合いが全く違います。自分は痛みに強いのかどうかまずは振り返った上でどこで受けるか検討してみるといいでしょう。